<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぼつぼつ

れいは、背中に水イボができています。
前、皮膚科で、薬をぬって、くろくなりました。
バナナのシュガースポットみたいです。
[PR]
by reina0318 | 2008-11-19 19:04

読書感想文をきいて

 給食のとき読書感想文をきいていて、こう思いました。『お父さんが水を大切にしなさいといいます。今大切にしないと、大人になったとき自分の分がなくなるよ。』と言っていました。
確かにそうだと思いました。

今は水道もあるし、スーパーもあるし、なんでもあるけれど、もしそれがなかったら大変だなと思いました。

野菜だったら、せっかく農家のひとがみんなのために、育ててくれて、肉や魚だったら、せっかくみんなのために料理になってくれたのです。

れいは、まだ好き嫌いがたくさんあるけど、せっかく一人ひとりのためになってくれたんだから、
大事にしたいです。
[PR]
by reina0318 | 2008-11-16 18:19

作曲

 11月30日に自分で作曲した曲の発表会があります。
もう作曲されてるのを弾くのは、いいけれど、一番最初から作るのは難しいです。
 れいの曲は「たんけん」です。タッカというリズムを使いました。

 タッカはスキップのリズムです。テキストの方からも参考にしました。
 ゼクエンツも使いました。ゼクエンツとは、一定のリズムをくずさずに、おんていだけを下げたりあげたりすることです。
また去年とは違うので、楽しみです。
[PR]
by reina0318 | 2008-11-16 17:44

詩…あげる

おめでとう       いわいをあげる

分かったぞ      てをあげる

ぱちぱちぱち     てんぷらあげる

風どっち?       たこあげる

参考に         例あげる

おかえしに       これあげる

たなの上        にもつをあげる

しなものの       ねだんをあげる 
  
[PR]
by reina0318 | 2008-11-13 15:24

子猫の『子』という字はとても素晴らしいです。
なぜかというと、深い意味が込められているからです。
『子』の「一」は始まりという意味です。「了」はおわり、死ぬ時のことです。
一生という意味です。

だから、「優子」なら、一生優しい子に、「友子」ともこならいっぱい友達ができるように、「康子」なら、一生健康にという意味です。

なんか最近『子』はあまり使われないけど、れいが子どもに名前をつけるときは『子』を使いたいです。
[PR]
by reina0318 | 2008-11-12 15:25

00

f0087266_15273579.jpg
f0087266_15274933.jpg

[PR]
by reina0318 | 2008-11-10 15:27

やさしいな


[PR]
by reina0318 | 2008-11-07 20:01

詩…目と鼻と口と

目がなかったらどうしましょう。

あかんぼうの顔も見えません。

耳がなかったらどうしましょう

美しい音楽も聞けません。

くちがなかったらどうしましょう

おしゃべりもできません。

みんなそろって幸せなもの。

でも、一つ欠けても通じるのが心のすごさです。
[PR]
by reina0318 | 2008-11-04 17:28